子供に青汁っていいの?何歳から?はじめての「青汁講座」


はじめての青汁講座

好き嫌いや偏食、少食などで子供たちの野菜不足に悩んでいるママたちの救世主となる「青汁」ですが、実際に子供に青汁を飲ませるとなると「うちの子は飲めるだろうか?」「小さい子でも大丈夫だろうか?」など疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。 このページでは、子供に青汁を飲ませるか迷っているママたちにお役立ていただけるよう、不安や疑問にお答えしていきます!

もくじ

「青汁」ってどんなもの?

青汁についてよく知らない人方のために、まずその特徴をご紹介します。

疑問を解消!青汁に関するQ&A

何歳から飲ませていいの?1歳は2歳は大丈夫?そんな疑問にお答えします。

アレンジ次第!美味しく飲む方法

少食、好き嫌い、食べムラがある…そんなお子様でも美味しく飲む工夫!

食事にプラスするという考え方

基本の栄養は食事から。足りないものを青汁で上手に補っていきましょう。

「青汁」ってどんなもの?

青汁とは?

青汁とは、一般的に濃い緑色の葉野菜の絞り汁の総称です。使われる野菜は様々ですが、主要成分に非常に栄養価の高い大麦若葉やケール、明日葉などを使用している商品が一般的となっています。また、グリーンスムージーや野菜ジュースに比べると、ヘルシーなのが特徴です。

青汁の必要性は?

私たち日本人の伝統的な食事のスタイル「和食」は、基本的に一汁三菜と言ってご飯と味噌汁、さらに野菜のおかずなどがそろったものをさします。

一汁三菜の食事は一見質素のようにも思えますが、野菜を豊富に摂ることができ、脂質の量は少なくとてもヘルシーな食事です。
しかし、近年、食の欧米化や夫婦共働きによる孤食(個食)、コンビニエンスストアの普及によって、日本人の食事における栄養摂取バランスは変わってきました。
欧米の食事はいわゆる「カタカナメニュー」と呼ばれるもので、ハンバーグやパスタ、ピザ、フライドポテトなど、エネルギー、特に脂質が多い傾向にあります。また、野菜が少ないことからビタミンやミネラルが不足しやすいという問題があります。

日本人の1日あたりの平均野菜摂取量

厚生労働省の国民健康・栄養調査(平成25年度)によると、成人が1日に摂取目安としている野菜の摂取量は350gですが、すべての年齢で下回っています

また、忙しい毎日の中で350gの野菜を毎日食べるというのはなかなか難しいことでもあります。
そんな現代人の手軽な栄養補給としての強い味方となっているのが「青汁」なのです

栄養豆知識

「栄養素」とひとくちに言っても、その種類は実にさまざまです。しかし、そんな食品に含まれている主な栄養素を大きく「エネルギーになるもの」と「エネルギーにはならないが代謝等を助けるもの」に分けられます。

エネルギーになる栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質の3つで、これらは欧米化の食事スタイルでも十分に摂ることができますが、野菜や海藻類が不足しがちになることで、それらに含まれているビタミンやミネラルといった栄養素が不足しやすくなるのです。
つまり、エネルギー源になるものは十分に取れているのに、それらをきちんと代謝する栄養素が不足している、これが現代人の抱える食の問題の一つとなっています。

もくじ

「青汁」ってどんなもの?

青汁についてよく知らない人方のために、まずその特徴をご紹介します。

疑問を解消!青汁に関するQ&A

何歳から飲ませていいの?子供に飲ませて大丈夫なの?そんな疑問にお答えします。

アレンジ次第!美味しく飲む方法

少食、好き嫌い、食べムラがある…そんな子供でもしっかり野菜の栄養を摂取できます!

食事にプラスするという考え方

基本の栄養は食事から。足りないものを青汁で上手に補っていきましょう。

疑問を解消!青汁に関するQ&A

そもそも青汁って 子供に飲ませていいの?
青汁は食品ですので、基本的には年齢制限はありません。
成人向けに作られているものに関しては初めから1杯分を与えると味が濃すぎたり、苦みを感じたりして余計に苦手意識を持つこともあります。そのため、子供たちに青汁を飲んでいただく際には少量で始めたり、水以外にも牛乳やフルーツジュースで割ったりすることで苦手意識を軽減できるかと思います。 また、体調を見ながら量の調整を行うことをおすすめします。
青汁って1歳や2歳の小さな子供でも飲めるの? 何歳から飲めるの?
青汁は食品ですので、小さな子供さんでもお飲みいただくことは可能です。
しかし、離乳食を完了したばかりや胃腸の弱い子供さんの場合は、保護者の方が様子を見ながら少量ずつ初めることをおすすめします。なかなか野菜を食べてくれない、野菜の青臭さがどうしても苦手、という方は、牛乳で割ったり、果物をブレンドしたりとアレンジをすることで美味しく召し上がっていただける場合が多くあります。
小さな子供の場合、飲み始めは少量から始め、慣れて来たら通常の量まで増やすなど、調整をしながら進めることをおすすめします。 こどもフルーツ青汁は、子供の味覚に合わせてつくられた青汁ですので、ぜひお試しください。
⇒無料サンプルはこちらから!
子供に大人と同じ青汁を飲ませていいの?
青汁は食品ですので、基本的には年齢制限はありません。
成人向けに作られているものに関しては初めから1杯分を与えると味が濃すぎたり、苦みを感じたりして余計に苦手意識を持つこともあります。そのため、子供たちに青汁を飲んでいただく際には少量で始めたり、水以外にも牛乳やフルーツジュースで割ったりすることで苦手意識を軽減できるかと思います。また、体調を見ながら量の調整を行うことをおすすめします。こどもフルーツ青汁は、お子様にも負担にならない少量(50ml〜75ml)でご利用いただけますので、ぜひ一度お試しください。
⇒無料サンプルはこちらから!
青汁を子供用に選ぶ時に気をつけた方が良いことってあるの?
主原料になにが使われているか、また安全性を確認すると良いでしょう。
青汁の原料はケールや大麦若葉、明日葉といった緑色の野菜です。苦味が強い、飲みやすいなどそれぞれ特徴が異なりますので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。また、主原料の栽培環境に対する安全面や残留農薬検査の結果などが行われているとより安全だと言えるでしょう。また、口に直接入るものなので、保存料や着色料、人工甘味料などが不使用であるものを選ぶことをおすすめします。
青汁って安全なの?
検査体制、農薬検査などをしっかりと確認しましょう。
青汁の原料はケールや大麦若葉、明日葉といった緑色の野菜です。そのため、主原料が安全に育てているか、などの安全面や残留農薬検査の結果などが行われているとより安全だと言えるでしょう。また、口に直接入るものなので、保存料や着色料、人工甘味料などが不使用であるものを選ぶことをおすすめします。
買っても飲めなかったらどうしたらいいの?
牛乳や豆乳など、様々なアレンジ方法で美味しく召し上がれます。
子供たちが野菜や青汁がどうしても飲めない・・・という理由の一つが青臭さです。青汁は栄養価の高い濃い緑色の野菜をたっぷりと使用していますので、どうしても青臭さや多少の苦みが出てしまうものがあります。
その場合は牛乳や豆乳と混ぜる、はちみつや果物を一緒にミキサーにかける、ヨーグルトに混ぜるなどといったアレンジを加えることでぐっと飲みやすくなります。

また「こどもフルーツ青汁」は、まずは味をお試しいただけるように「無料サンプル」をご用意しています。お水で、牛乳で割って、様々な方法でお試しください。
⇒無料サンプルはこちらから!
青汁を飲んでいれば野菜は食べなくてもいいの?
普段の食事で補いきれない野菜の栄養を青汁で補いましょう。
厚生労働省の国民健康・栄養調査(平成25年度)を見ると、成人の全年齢で普段の食事から摂っている野菜の量が目標としている350gに比べると不足しているという結果となっています。そのため、青汁だけに頼るのではなく、普段の食事で野菜を摂ることを意識しながら、補助食品として青汁を使うことをおすすめします。特に外食が多くなったり、忙しい時期が続いたりと不規則な食事になってしまうときは携帯をして持ち歩くこともおすすめです。
試してみたいけど・・・。
サンプルやお試し品を利用するのがおすすめです。
青汁は苦いというイメージが強いことから、いきなり購入するということに躊躇する人も多いと思います。そのため、「こどもフルーツ青汁」は、まずは味をお試しいただけるように「無料サンプル」をご用意しています。お水で、牛乳で割って、様々な方法でお試しください。
⇒無料サンプルはこちらから!

もくじ

「青汁」ってどんなもの?

青汁についてよく知らない人方のために、まずその特徴をご紹介します。

疑問を解消!青汁に関するQ&A

何歳から飲ませていいの?子供に飲ませて大丈夫なの?そんな疑問にお答えします。

アレンジ次第!美味しく飲む方法

少食、好き嫌い、食べムラがある…そんな子供でもしっかり野菜の栄養を摂取できます!

食事にプラスするという考え方

基本の栄養は食事から。足りないものを青汁で上手に補っていきましょう。

アレンジ次第!美味しく飲む方法

青汁は栄養価が高いことは知っているけど、青汁の色が気になったり、青臭さがどうしても苦手で青汁をのむことができない…そんな方のためにおすすめのレシピをご紹介します。
小さな子供たちでも美味しく青汁が飲めてしまいますよ♪

牛乳、豆乳と混ぜる

牛乳や豆乳を混ぜることで青臭さが軽減して飲みやすくなります。牛乳も豆乳もタンパク質を含むため、食が細いお子さまの間食としてもオススメです。また、こどもフルーツ青汁は、バナナなどのフルーツ果汁も含まれているため、牛乳嫌いの子供でも牛乳が飲めた!というお声もいただいています。

はちみつを加える

もう少し甘さがあれば飲める・・・という子供には、はちみつを加えることをおすすめします。水で飲むとすっきりとした仕上がりになりますが、はちみつを加えると優しい甘さとコク、はちみつならではの風味が加わりぐっと飲みやすくなります。さらに牛乳と合わせるとよりマイルドになり、ごくごくお飲みいただけます。

フルーツジュースと混ぜる

牛乳が苦手な子供たちにはフルーツジュースと混ぜることをオススメします。果物独特の優しい酸味が加わると、飲み終わった後もさっぱりとして口に青汁独特の風味が残りにくくなるため、飲みやすくなります。

パンケーキに混ぜる

おやつとしても人気のパンケーキに混ぜると、青汁の風味を感じにくくなります。
そのため、知らない間に食べられちゃった!ということも。好きな食べ物に混ぜることで苦手意識をぐっと下げることができます。

ヨーグルトにかける

こどもフルーツ青汁をヨーグルトにかけて混ぜながら食べると、バナナの風味が引き立ち砂糖を加えなくてもおいしくいただけます。甘さが欲しい・・・というときは、はちみつをかけることもオススメです。いちごやバナナなど、お好みの果物も一緒に混ぜてフルーツヨーグルトにすることも良いかと思います。

アイスクリームにかける

子供たちに人気のデザート、アイスクリームにかけると甘くなる分、青汁の苦みを感じにくくなり、食べやすくなります。定番のバニラに加えてチョコレートでも美味しくいただけます。

⇒アレンジしてお試しください!
 「こどもフルーツ青汁」無料サンプルのご請求はこちらから!

もくじ

「青汁」ってどんなもの?

青汁についてよく知らない人方のために、まずその特徴をご紹介します。

疑問を解消!青汁に関するQ&A

何歳から飲ませていいの?1歳や2歳でも大丈夫?子供に飲ませて大丈夫なの?そんな疑問にお答えします。

アレンジ次第!美味しく飲む方法

少食、好き嫌い、食べムラがある…そんな子供でもしっかり野菜の栄養を摂取できます!

食事にプラスするという考え方

基本の栄養は食事から。足りないものを青汁で上手に補っていきましょう。

食事にプラスするという考え方

青汁は不足しがちな野菜の栄養を手軽に補うことができるため、野菜嫌い、食事全体の好き嫌いが多い、偏食しがち、食が細く栄養が全体的に不足しているなどといった大人から子供までの幅広い層で食のお悩みをお持ちの方には強い味方となります。
しかし、青汁だけ摂っていればよいというものではありません。

旬の食材を口からいただくことは、全身の筋肉を使ったり、消化管を積極的に動かしたりするなど、栄養を摂りいれる以外にもとても大切なことがたくさんあります。毎日の食事を充実させることはもちろん、プラスαとして青汁を有効的に使っていただくことをおすすめします。

そして大切なのは継続すること。毎日の生活に青汁を摂りいれることで、健やかな生活を応援できたらと思っております。

コーナー監修:管理栄養士 磯村優貴恵

大手ダイエット専門のエステサロンにて、食事指導を通してお客様の体を内側・外側の両面からサポート。 その際に具体的な料理提案の必要性を感じ、和食やカフェのキッチンスタッフとして約3年間の料理修行を行う。その後、特定保健指導を経て、現在は、子供から大人まで家族みんながおいしく食べられて健康になれるよう、レシピ・商品開発や執筆など幅広く活動中。
資格:管理栄養士、フードコーディネーター、薬膳インストラクター、健康食育ジュニアマスター


安心安全にも真摯に向き合っています

限定

定期お届けコース

1番人気1番人気
  • 2箱セットのご注文
  • お買い得セットのご注文
兄弟・ご家族でご利用なら!
  • ファミリーセットのご注文

こどもフルーツ青汁・お役立ち情報

  • 安心の1ヶ月間返品返金保証
  • お友達紹介プレゼント
  • クレジット払いがおすすめ

青汁ひんやりレシピ公開中!

モンドセレクション金賞受賞!

青汁ほっとレシピ公開中!

春におすすめ!こどもフルーツ青汁!