子供の野菜不足解消のための3大要素


お子様は毎日十分な野菜を食べていますか?
1日に必要な野菜の量は、成人で約350gと言われています。成長期の子供達には特に、栄養バランスを考えて野菜を多く摂らせたいとお考えのご家庭が多く見られます。自然の恵である野菜を楽しく効率的に摂る方法とは?そもそも野菜不足だと何がいけないの? まずは専門家にお話を聞いてみました。

管理栄養士に聞く!野菜不足だと何がいけないの?

お子様の健やかな成長を応援するにあたって気になるポイントの一つが「野菜不足」または「野菜嫌い」ではないでしょうか。 最近は「野菜不足だから・・・」という言葉があたりまえに聞かれるようになりました。では野菜が不足してしまうと私たちの体はどうなってしまうのでしょう。そして野菜を摂ることでどのような栄養素が摂取出来るのでしょうか?

野菜不足が引き起こす4大問題

代謝力の低下
骨や筋肉など体のあらゆる代謝が活発な成長期には、エネルギー源となるご飯やパン、肉、魚などをしっかりと補うのはもちろんのことですが、それらを代謝するためには、ビタミンやミネラルを含む様々な野菜のチカラが必要となります。
免疫力の低下
野菜に含まれるビタミンやミネラル、そしてカラフルな色の成分でもあるフィトケミカルには、身体の調子を整えて免疫力をUPさせる働きがあります。 不足すると体調の低下の原因となります。
排出力の低下
野菜に含まれる食物繊維には、体内の余分なものを掃除して排出する力があります。食物繊維が不足すると便秘の原因となり、腸内に不要なものが溜まることで腸内環境が悪化してしまいます。そして腸内が汚れてしまうと必要な栄養素の吸収効率も悪くなってしまうのです。
集中力の低下
野菜に含まれるビタミンやミネラルは身体の成長はもちろん、心の成長にも必要不可欠な栄養素です。 不足するとイライラしがちになったり、集中力が続かなかったりする原因となります。

野菜不足解消のための三大要素

解消法1色や固さでバリエーション豊かに!

解消法1色や固さでバリエーション豊かに!
野菜にはそれぞれ栄養素の種類や栄養価が異なりますが、いつも冷蔵庫にそろっている野菜の種類が同じ…という方も多いのではないでしょうか。 そこでまんべんなくさまざまな野菜を選ぶためにはまず色に注目してみましょう。赤、橙、黄、黄緑、緑、紫、白、黒…と様々な色を基準として野菜を選ぶとバリエーションもぐっと広がります。 例えば、赤い野菜にはトマト、赤パプリカ、赤カブ、ビーツ、みょうがなどがあります。
野菜の色の成分には体の調子を整えるのに役立つフィトケミカルが含まれているので、カラフルな野菜を選ぶことはコンディショニングにも関係しているのです。 また、野菜はレタスのようにふんわりしたものからごぼうのように噛み応えのあるものまでかたさも様々です。 調理法にもよりますが、色やかたさという視点で野菜を選ぶのも偏りをなくすコツです。 さらに旬の野菜を選ぶこともポイントです。旬の野菜はその時期に一番栄養価を蓄えており、味も良いのが特徴です。

調理法を変えて美味しく楽しく!

調理法を変えて美味しく楽しく!
「野菜=サラダ」というイメージを持たれている方も多いかと思います。しかし、ひと口に「野菜」といっても、その調理法は様々。主な調理法は、生、茹でる、焼く、炒める、蒸す、煮る、揚げる、の7種類。にんじんを例に挙げると生のままではスティックサラダやジュ-ス、ゆでたり蒸したりすることで温野菜に、焼く・炒めると炒飯の具や野菜炒めに、煮るとポトフやカレー、揚げるとてんぷらやかき揚げになります。
このように、1つの食材でも調理法を変えるだけでもメニューの幅はぐっと広がります。さらに調理法を組み合わせることも可能です。また、野菜に含まれる栄養素の中にはビタミンA、D、E、Kのように、脂溶性ビタミンと言って油と相性の良いビタミンもあります。この時に大切なのは質の良い油(調味料)を使うことです。このひと手間が野菜をよりおいしく摂るポイントとなります。なかなかメニューが思い浮かばない…という時は、まず調理法を変えてみることから始めてみましょう!

色んなシーンに組み込んで続けやすく

色んなシーンに組み込んで続けやすく
野菜を食べるのは何も3食の食事のときと決まっているわけではありません。おやつ代わりに野菜と果物を合わせたドリンクタイプにして飲むことや、野菜を練りこんだクッキーやマフィンなども野菜をおいしく摂ることが出来ます。 デザートとして、ゼリーやアイス、ヨーグルトに野菜を組み込むことも可能です。 普段の食事の時も手巻き寿司のようにたくさん具材を並べて自分で選んで食べるのも楽しく食べられるのでおススメです。
このように、普段の3食の食事に摂り入れることはもちろんですが、おやつやデザートに野菜を使ったり、ドリンクの中に野菜を使ったりすることによって野菜の摂取量がぐんと増えます。 また、お子様が嫌いな野菜はなんとなく食卓から遠ざかってしまう傾向にありますが、その必要はありません。 お子様が食べなくとも、ご家族がいつもおいしそうに食べている姿を見せることで「ちょっと食べてみようかな…」というきっかけづくりにもなります。 たとえ嫌いな食べ物でも、食卓に並べておくことでお子様が嫌いなものを克服するチャンスを減らさないようにしましょう!
管理栄養士磯村優貴恵 プロフィール
大手ダイエット専門のエステサロンにて、食事指導を通してお客様の体を内側・外側の両面からサポート。 その際に具体的な料理提案の必要性を感じ、和食やカフェのキッチンスタッフとして約3年間の料理修行を行う。
その後、特定保健指導を経て、現在は、子供から大人まで家族みんながおいしく食べられて健康になれるよう、レシピ・商品開発や執筆など幅広く活動中。 資格:管理栄養士、フードコーディネーター、薬膳インストラクター、健康食育ジュニアマスター

安心安全にも真摯に向き合っています

限定

定期お届けコース

1番人気1番人気
  • 2箱セットのご注文
  • お買い得セットのご注文
兄弟・ご家族でご利用なら!
  • ファミリーセットのご注文

こどもフルーツ青汁・お役立ち情報

  • 安心の1ヶ月間返品返金保証
  • お友達紹介プレゼント
  • クレジット払いがおすすめ

青汁ひんやりレシピ公開中!

モンドセレクション金賞受賞!

青汁ほっとレシピ公開中!

春におすすめ!こどもフルーツ青汁!